この記事は約 3 分で読めます。

フランチャイズビジネスのデメリットを知っておく

フランチャイズビジネスの最も大きなメリットは未経験者が短期間で開業できることです。
本部が研修をして店長として育成してくれるうえに、経営のノウハウを提供してくれます。
本来、ある一つの業種で開業しようとするとかなりの下調べや準備や資金が必要になりますが、研修をして育成をしてくれることでそうした負担を軽減することができるのがフランチャイズチェーンに加盟するメリットです。

このメリットはかなり大きいですが、それと同じくらいデメリットもあることを理解しておくことはとても大切です。
フランチャイズビジネスに参入する人々フランチャイズビジネスの本部をフランチャイザー、加盟店をフランチャイジーといいますが、フランチャイザーはフランチャイジーを集めることが最も大切です。

フランチャイジーはそのことを理解したうえでフランチャイズビジネスに参入することが大切です。
どんなビジネスにもいえることですが、リターンが大きいということはそれに見合ったリスクもあるということです。
「見合った」とはもちろんリスクが大きいことを意味していますが、そのことをあまり重大に考えずにフランチャイズビジネスに飛び込む人がいます。

先に説明しましたようにフランチャイザーは基本的にフランチャイジーを増やすことが利益につながりますのでリスクはあまり伝えない傾向があります。
伝えたとしても婉曲的に伝えるやり方が主流です。理由は、加盟店を増やないことにはフランチャイズビジネスが成り立たないからです。
フランチャイジーはフランチャイザーがそのような発想でフランチャイズビジネスを行っていることをわかったうえで加盟する際の説明を聞くことが大切です。
そうでなければ正しい判断ができないからです。

競合避止義務と契約期間について

契約について話し合う様子フランチャイザーとフランチャイジーはある意味、利益の出し方が相反している部分があります。
それを理解していませんと、開業したあとになって「こんなはずではなかった」ということになります。
利益の出し方が相反する例をあげますと、ロイヤリティがあります。
ロイヤリティはノウハウの提供を受ける代わりに支払うものですが、その割合もしくは金額が想像を超えていると感じることがあります。
これはフランチャイジーにとってはデメリットです。

そのほかにフランチャイジーにとって不利な点は競合避止義務と契約期間があります。
競合避止義務はあまり聞き慣れない言葉ですが、これは一般的には「会社が競合する企業に就職したりチェーンとは別に独立して事業をしてはいけない」義務のことです。
しかし、フランチャイズシステムの場合は同種のまたは類似の事業を営んではいけないという義務のことです。

一見しますと、本部の経営ノウハウをライバル社に持ち出されることを禁じている常識的な義務のように思えますが、これは加盟店の未来を縛るものでもあります。
つまり契約期間が終了したあとの加盟店の行動が制限されることですのであまりに加盟店側が不利な状況になっていることが問題です。

基本的にフランチャイザーとフランチャイジーは経験も規模もあまりに違い過ぎますので、フランチャイザー側が有利になるような契約内容になっています。
フランチャイジーは意見を言う程度のことはできても意見で終わってしまい、結果的にはかなり不利な上下関係であることを理解して、そのうえでメリットを見出したときにフランチャイズチェーンに加盟することが大切です。