この記事は約 4 分で読めます。

フランチャイズで収入安定させる為に重要な本部選び

少し小話を挟みますが、ある著名な大学教授が中学生に向けて「なぜ、人は勉強しなければいけないのか?」というテーマで講義をしました。
ある少年の話ですが、この少年は小学校低学年のときに天才的な才能の持ち主であると周囲が気づきました。
もちろん学校の先生はもっとレベルの高い学校に行くことを勧めましたが、家の事情もあり「学校で勉強する必要はない」という考えを持っており、結局小学校も退学してしまいました。
それでも少年は勉強は好きだったため独学で学んでいました。

同じ学年だった生徒たちが高校を卒業する頃、偶然その少年と出会った先生はその少年から「僕、すごい発見をしたんです」と喜びの表情で告げられました。
少年が嬉しそうに語ったのは三角形の面積を求める公式を見つけたという内容でした。その少年はその公式を独学で発見したのです。
しかし、少年と同じ学年の生徒たちは、小学校の高学年で既に学んでいることなのです。独学で発見したことはもちろん素晴らしいですが、長い時間がかかってしまいます。

経営ノウハウを教えている男性フランチャイズを活用するということはまさしくこれと同じなのです。
すでに出来上がっている経営ノウハウを提供してもらうことです。
そうすることで無駄な時間を節約することができます。
そして、フランチャイズ本部を選ぶときに大切なことはそのノウハウの正確性であり、実践性です。

せっかく提供してもらうノウハウが実践的でなかったり間違っていては加盟店のオーナーは無駄な時間を費やすことになってしまいます。
そうならないために慎重にフランチャイズ本部を選ぶことが大切です。
そして、フランチャイズ本部を選ぶときのコツをしっかりと身につけることがとても重要になってきます。

研修が不十分な会社は危ない

研修会の様子フランチャイズに加盟しますと研修があります。
研修とはその仕事の理念や業務の基本を学ぶ機会ですが、その研修が完ぺきでない本部は信用できない会社と思うべきです。
加盟店になるオーナーは理念を共有し業務および作業の基本を学ぶことが第一歩です。
それを満足に提供できない会社が開業後にオーナーをサポートする体制をとれるはずはありません。

加盟店として営業することは会社員という立場をではなくなることです。
独立した自営業者となることですから自分で自分を守る必要があります。
それには本部からのアフターサポートも重要です。
アフターサポートは個人で独立するのではなく、フランチャイズに加盟して独立することによる大きなメリットです。
そのアフターサポートが不十分な会社が成功するノウハウを提供できるはずはありません。

このように本部を選ぶときには加盟店をどれだけ大切に考えているかを判断の目安にするのが一つの考え方です。
アフターサポートもそうですが、業務代行も一つの目安になります。
問題のある本部は大変な業務を加盟店に丸投げすることもありますので、本部が行う業務代行についてもしっかりと確認することが大切です。

本部を選ぶときにどの業種にするかで悩むことは少ないと思います。自分に適している業種を選ぶのが基本だからです。
自分に適している業種を選んだあとは本部から市場規模についてお話を聞くことが大切です。
本部はこれから始めようとする人よりは情報を持っているのが当然ですので将来性も含めた市場規模について具体的な数字を示してもらうことが一番目に重要なことです。
もし具体的な数字について不十分な資料しか出せない本部ならその本部は避けるのが正しい判断です。

そのほかにも収益性や他チェーンとの差別化などについてもお話を聞くことが大切ですが、最後に一度は実際に既に営業している加盟店主からのお話を聞くことが重要です。