この記事は約 3 分で読めます。

ビルの清掃スタッフを雇うコストは意外と高い

女性清掃スタッフビルクリーニングで開業すると、スタッフの確保が課題となります。
ビジネスを広げれば広げようとするほどに人が必要となるからです。
アルバイト求人を出すと、多くの応募があります。その中からビルクリーニングの経験を持っている人を採用してください。

経験者の場合には、高時給で雇う必要が出てきます。思っていた以上に人件費が高いケースがあります。スタッフの育成にはコストをかけなければなりません。

お客様と接点があるのは実際に作業をする清掃スタッフなのです。
会社の評判もメンテナンスをする作業スタッフの仕事ぶりに左右されると言えます。しっかりとした人を雇うには、有名な求人情報サイトを活用してください。

そうすれば多数のユーザーが見てくれるため、たくさんの応募が来ます。必然的に行時給で雇うことになりますが、お店を拡大するためのコストと捉えましょう。
まずは書類選考を行い、ビルクリーニングの経験のある人から優先的に面接を行ってください。
応募者と実際に会う面接では、仕事に対する姿勢や、これまでの経験について確認しましょう。

既に雇っている社員を面接の場に同席させるのもオススメです。コミュニケーションを通じて、長く働いてくれる人材かどうかを判断してください。
面接の時に、休日や給料の事ばかり話す応募者は避けた方がいいでしょう。
熱意を持っているクリーニングに取り組めるかどうかが採用を決めるポイントとなります。なるべく多くの人を面接しましょう。

ビル清掃は高時給バイトの一つ

ビル清掃は多くの人から人気を集めています。年代に関係なく働けることや、高時給バイトであることが理由です。
ビルクリーニングの仕事をするには、体力が求められます。健康でなければ務まりません。

ビルの窓を清掃する作業員達ケースバイケースですが、ビル清掃全般を担う会社の場合、窓清掃など高所での作業がある場合もあります。
危険を伴う作業の場合はもちろん時給が高くなりますので、お金をたくさん稼ぎたい人に人気があるのです。
清掃スタッフを雇う場合にはそれなりに人件費を覚悟しておくことが必要です。

まずは、求人の応募者に希望する時給を確認してみると良いでしょう。もちろん、ビル清掃の相場よりも低い時給だと人材が集まりません。
会社で確保できる予算と採用したい人材のバランスが重要です。スタッフが多すぎても会社の利益を圧迫します。

しかし、人手不足になってしまうと仕事を失いかねません。
経営者として、最適な人数を採用するためにも、高い時給を設定しておくと良いでしょう。
高時給バイトの一つとして知られていますので、スムーズな採用活動が実現できます。
特に初めてアルバイトを募集するのであれば、より使い勝手の良い求人サイトに情報を公開してください。

さらに、ハローワークに求人情報を出すのも効果的です。より多くの人に会社を知ってもらう努力をしてください。
高い時給をアピールポイントにすることで、ビル清掃をしたい人を多数集めることができます。
ビル清掃スタッフの確保は経営上の最重要課題という考えをもちながら、人材募集を進めていきましょう。